子育て

ほうれん草は冷凍と生どちらがスムージーを作りやすい?本当に効果はあるの?

グリーンスムージーとは、葉野菜とフルーツと水などをミキサーで混ぜ合わせた飲み物です。

その中でも今日はほうれん草のスムージーに注目したいと思います。

ほうれん草は生でスムージーにして飲んでも大丈夫なのでしょうか!?

また、ほうれん草のスムージーにはどのような美容効果があるのでしょうか?

気になってきた方もいらっしゃるかと思いますので、さっそくみていきましょう!

ほうれん草は冷凍と生どちらがスムージーを作りやすい?

スムージーですが、ほうれん草は冷凍と生ではどちらが作りやすいと思いますか?

作り方を見ていきましょうか。

凍ったままのほうれん草と果物と水をブレンダーに入れ撹拌。これだけです。

果物はバナナやリンゴなど、お好きなものを入れてください。また、はちみつを加えると更に飲みやすくなりますよ。

では、生のほうれん草を使用する場合はどうするのでしょうか!?

全ての材料をブレンダーやミキサーで撹拌。

これもまったく同じですね。材料は小さく切っておくと混ざりやすいです。

他にも豆乳やヨーグルトを入れると飲みやすくなります。

作り方としては、生でも冷凍でも同じですね。

ただし、葉物野菜って時期によって値段が全然違いますよね。

グリーンスムージーを作るにも、意外と野菜にお金が掛かります。安い時にまとめ買いをして冷凍しておくと手軽にスムージーを作れますよ!

でもほうれん草ってそもそも生で食べて大丈夫なのでしょうか・・・。

続いてほうれん草の成分をみていきましょう!

スムージーのほうれん草は生で大丈夫?

まず、ほうれん草にはシュウ酸と硝酸という成分が含まれています。

シュウ酸は結石ができやすいといわれています。

硝酸は血液中のメトヘモグロビンを増加させて、メトヘモグロビン血症を起こす恐れがおるそうです。

でもほうれん草1束分、つまり1日200gくらいまでは食べても許容範囲みたいですね。

では料理の際にほうれん草を茹でるのは何故でしょうか?

茹でることでシュウ酸と硝酸は半分に減少します。また茹でる事で、エグミや苦味をなくし美味しく食べられます。

フルーツで味を整えられるグリーンスムージーなら、ほうれん草は生のまま使っても大丈夫ですね。

それでも気になる方は、サラダほうれん草がシュウ酸が少ない品種でおススメですよ。

これは嬉しい!ほうれん草のスムージーの美容効果

ほうれん草のスムージーにはどんな美容効果があるのでしょうか!?これが一番気になる!っという方もいらっしゃるかと思います。

ほうれん草には、ビタミン類とミネラルが豊富です。ビタミンCやビタミンB1・B2、食物繊維、βカロテン、マンガン、鉄、葉酸、カリウム!多くの栄養が含まれていますね。

ビタミン類やミネラルの働きで、代謝を上昇!ほうれん草のスムージーは、ダイエットにつながるほか、健康や美容効果も期待できるようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

フルーツで味を整えられるグリーンスムージーは、ほうれん草を生のまま使っても大丈夫。

さらにサラダほうれん草なら、シュウ酸が少ない品種でおススメですよ。

果物や豆乳、ヨーグルトやはちみつなどを入れて、オリジナルのレシピを作ってみてはいかがでしょうか。