子育て

教えて!正しいおしゃぶりの煮沸消毒方法は何分!?

赤ちゃんのおしゃぶりや哺乳瓶は、消毒が必要です。みなさんはどんな消毒方法を行っていますか?

消毒方法には煮沸、電子レンジ、薬液の3つの方法があります。

今回はその中でも家にあるもので出来る、煮沸消毒について調べてみたいと思います!

おしゃぶりは何分煮沸消毒したらいいのでしょうか・・・!?

おしゃぶりを煮沸消毒する正しいやり方を紹介!

おしゃぶりを煮沸消毒するやり方をご紹介しますね。正しいやり方で消毒しないと意味が無いですから、ポイントを抑えておきましょう!

まず大きめのお鍋におしゃぶりが完全に浸る量のたっぷりの水を入れて沸騰させます。沸騰したら、鍋肌に触れない様におしゃぶりを入れて5分程煮沸します。

※ おしゃぶりがお鍋に直接触れると変形してしまったりおしゃぶりが痛みますので気をつけてください。また、◦過度の煮沸もおしゃぶりをいためますので避けましょう!

次に煮沸したおしゃぶりの保管は、どうすればいいのでしょうか・・・!?

おしゃぶりを煮沸消毒した後は、保管方法はどうするべき!?

おしゃぶりを、トングなどを使って熱湯から取り出した後は、必ず乾燥させてから保管しましょう。

清潔な布巾やキッチンペーパーの上に容器を伏せて、自然乾燥させます。
これで煮沸消毒完了です!

保管方法ですが、自然乾燥させた後は、埃や汚れを防ぐために、
おしゃぶりのフタをつけるか専用ケースに入れましょう。

煮沸消毒以外にも、電子レンジを使った消毒も楽チンで便利ですよ。
最近は、電子レンジ消毒が出来る保管ケース付きのおしゃぶりなどもあります。

電子レンジでチンするだけで簡単におしゃぶりが消毒でき、お湯を切った後フタを閉めればそのまま保管ケースとして使用できるので携帯にも便利です。

煮沸消毒は家にあるもので出来て身近な方法ですよね。

電子レンジを使用した消毒は、火を使わないのでその間キッチンから離れられるのがメリットですね。

ぜひ、ママにあった消毒方法を選んでくださいね!!

おしゃぶりの煮沸消毒はいつまで?神経質になりすぎも良くない!?

しゃぶりはいつまで煮沸消毒したらいいの!?って悩んでいらっしゃるママも多いのではないでしょうか。

調べてみると、生後6ヶ月頃を目安にやめる人が多いようですね。
生後6ヶ月頃になると離乳食が始まりますよね。

そのタイミングでおしゃぶりなどの消毒をしなくなる人が多いようです。

赤ちゃんが口に入れるものには細心の注意を払いたいですが、あまり神経質になりすぎても、逆に免疫力が付かなくなってしまうという心配もあります。

いつまで消毒をつづけるかはママが判断することですが、一つの目安として離乳食が始まる時期までと思っておけば良いでしょう。

また、夏場など食中毒がはやっている時も念入りに消毒してあげるほうが良いでしょうね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

おしゃぶりの正しい煮沸消毒の方法は、沸騰したたっぷりのお湯に、おしゃぶりを入れて5分程煮沸!

清潔な布巾やキッチンペーパーの上に容器を伏せて、自然乾燥させ、
おしゃぶりのフタをつけるか専用ケースで保管しましょう。

注意!!
おしゃぶりの消毒方法はメーカーよって変わる場合があります!
必ず付属の取扱説明書を読むようにしてくださいね。