子育て

新生児と添い寝する方法とは?赤ちゃんを起こさない腕枕の抜き方が知りたい!

少ししかない新生児の時期。できるだけ近くにいたい、赤ちゃんと添い寝をしたい!
と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

新生児の時期に赤ちゃんと添い寝する事は可能なのでしょうか?

また、添い寝が出来るのであれば安全な添い寝の方法はあるのでしょうか。

今回は新生児との添い寝について詳しく知りたいと思ったのでまとめてみました。

新生児と添い寝をしてもいいのはいつから?腕枕をしてもいい?

まず大前提として注意しておかなければいけないことは新生児期からの添い寝はSIDS(乳幼児突然死症候群)につながる可能性があるということです。

ですので、新生児期に添い寝をするのはオススメをしません。

添い寝を開始するのであれば布団で生後1ヶ月以降、ベットであれば生後3ヶ月〜5ヶ月以降を目安に行うのが良いといわれています。

ですので、なるべく生後1ヶ月までは赤ちゃん用の別の睡眠スペースを作ってあげるべきでしょう。

ですが寝室のスペースの事情などで添い寝をせざる得ない方もいらっしゃるかと思います。

その場合の対処法として

・硬いマットを使い赤ちゃんがうつ伏せにならないようにする。
・ベッドインベットを使い隣に寝かせる。
・自分の顔よりも赤ちゃんの体を上にして、大人用の布団が赤ちゃんの顔にかかるのを防ぐ。

など、対策をしっかり行い赤ちゃんの安全を確保しつつの添い寝をしましょう。

腕枕に関しても、首がすわっていない時期に腕枕をしながら寝かせてあげることは
体に対しての頭の位置が上がりすぎたり、下がりすぎる事によるトラブルや事故に繋がる可能性が高く、オススメできません。

腕枕を開始するのであれば3ヶ月〜5ヶ月頃、首がすわったことを確認してからが良いでしょう。

赤ちゃんを腕枕で寝かしつけたときの起こさない腕の抜き方

赤ちゃんを腕枕で寝させてあげると、安心するのかすぐ眠ってくれる子が多いそうです。

ですが、赤ちゃんが寝ている時間帯に家事などをする場合もありますよね。

腕枕で寝かしつけたとき、起こさないようにうまく腕を抜くには

・くるくる巻いて腕に近い太さにしたタオルを腕を抜いたら頭の下に敷いてあげる。
・出来るだけ頭の下に腕を置くのではなく、首の下に置く事に慣れさせておく。
・腕を抜くときに頭や首が動かないように支えてあげながら抜く。

等、さまざまな方法があります。

色々と試して、赤ちゃんが腕を抜かれても気がつかないような方法でうまく対処していきましょう。

慣れてくれば簡単に腕を抜くことが出来るようになります。

赤ちゃんを寝かしつけられる?腕枕腕の代用にクッションを利用

どうしても赤ちゃんが腕枕を外すと泣いてしまうという場合は、寝かしつける時に腕ではなく、クッションを代用してみるといいかもしれません。

クッションを体温くらいに温めてから利用すると赤ちゃんもリラックスしやすいので、自分の体温で温めたものや、暖房の近くで温めてもいいと思います。

クッションの代わりに、前述したように巻いたタオルを使っている方もいるみたいです!

赤ちゃんがリラックスして寝てくれるようになるには時間が必要になるかもしれませんが、徐々に腕枕から卒業して添い寝のみで寝てくれるようになると思うので、忍耐強くチャレンジしてみましょう!

まとめ

今回は新生児期の添い寝についてや腕枕についてそして、腕枕の代用方法についてまとめました。

新生児期の添い寝はSIDS(乳幼児突然死症候群)につながる可能性がありオススメされていないこと、腕枕も同様に呼吸がしづらくなってしまう可能性があるんですね!

添い寝は新生児期が終わった1ヶ月〜3ヶ月を目安に、腕枕は首がすわった3ヶ月以降を目安に開始するのがいいんですね。

また、腕枕をして寝ている時はタオルなどを代用しつつ腕枕を外してあげたり、腕枕の代わりとしてクッションなどを利用しつつ寝かしつけてあげるといいということがわかりました!

うまく添い寝をして、赤ちゃんとの時間を大切にしつつ家事などと上手く両立できるようにしたいですね。