子育て

新生児の赤ちゃんとの添い寝は危険なの?寝かしつけのやり方が知りたい!

新生児 添い寝 やり方

ついにお家にやってきた赤ちゃん
出来るだけ長くいたいと思ったり、心配だから近くにいたい、と思う方も多いのではないでしょうか。

ですが、新生児の時期からの添い寝はSIDS(乳幼児突然死症候群)につながる危険がある為、オススメをしません。

新生児の時期は出来るだけベビーベッドや、ベッドインベッドなどがあるといいでしょう。

では、新生児の時期から部屋が狭かったり、どうしても赤ちゃんと添い寝しなければいけない環境である場合はどうすれば良いのでしょうか?

今回は赤ちゃんの上手な寝かしつけ方法についてと、新生児からでもできる添い寝のやり方をまとめてみました!

赤ちゃんは抱っこじゃないと寝ない?添い寝で寝かしつける方法

赤ちゃんを抱っこしてないと寝てくれない、そのあとベッドやマットで寝かせてあげるのが大変という方も多いと思います。
そんな時、添い寝で寝かしつけてあげられると楽だとは思いませんか?

新生児の時期は、SIDS(乳幼児突然死症候群)につながる危険があるため、添い寝を始めるのは布団で生後1ヶ月以降、ベットであれば生後3ヶ月〜5ヶ月以降を目安に行うのが良いといわれています。

抱っこして寝かしつけていた赤ちゃんたちも、早めに添い寝で寝かしつけてあげられると、抱っこで寝かしつけた後、下ろして泣いてしまう事がなくなるので、ねんねまでの時間短縮が出来て助かりますよね。

添い寝での寝かしつけのポイントとしては

・眠くなってきている赤ちゃんの横にごろんと寝転がってあげる。
・トントンしたり、優しく子守唄や絵本を読んであげることでリラックスをさせてあげる。
・授乳しているのであれば添い乳をしてあげたりして寝かせてあげるのもOK!

となっています。

抱っこでの寝かしつけから添い寝での寝方になると、赤ちゃんも慣れずに全然寝てくれない子も多いと思います。
ですが気長に練習してあげましょう。もし全然添い寝で寝てくれなかったとしても、1歳〜1歳半ごろまでに添い寝で寝かしつけてあげられるようになれば上出来だと思いますよ。

赤ちゃんを寝かしつける方法とは?添い寝はいつからできる?

そもそも抱っこでも寝かしつけがうまくいかない、という方もいると思います。
そんな方は初めから添い寝をしてあげるのも良いかもしれません。

添い寝を始めるのは布団で生後1ヶ月以降、ベットであれば生後3ヶ月〜5ヶ月以降を目安にというお話をしましたが、

どうしても新生児期に添い寝を始めたい場合は
硬いマットを用意して、赤ちゃんの顔に大人用の布団がかからないように注意を払っているのであれば、
新生児の時期から添い寝を開始するのもダメな訳ではないです。

赤ちゃんはお腹の中にいた頃の揺れなどを感じて寝たくて抱っこでしか寝てくれない子もいれば、外に出てきてすぐに添い寝が出来る子、様々です。

自分の赤ちゃんにピッタリ合うような寝かしつけ方法が必ずあるので、気長にゆっくりと寝かしつけの練習をしましょう。

赤ちゃんとは添い寝したほうがいい?ベビーベッドは必要?

じゃあ逆に、添い寝は絶対なの?というとそうではありません。

添い寝するのが怖い、一緒に寝てて自分の体で赤ちゃんを潰してしまうのでは?と思う人もいます。
実際、日本では添い寝添い乳の文化が多くありますが、アメリカなどでは産まれた時から一人部屋、ベビーベットで寝かしつけの文化が強い傾向にあります。

添い寝をすることのメリットとしては、
・赤ちゃんが母親の温もりを近くで感じれるのでリラックスして眠ることができる
・何かあった時にすぐに対処できる
・添い乳もしやすく、授乳するたびに起きる必要がない

などでしょうか。

逆に、ベビーベッドのメリットとしては
・赤ちゃんを埃から守ってあげられる
・1人で寝ることに慣れてもらえる
・オムツ交換がしやすい
・布団を顔まで被ってしまう等のトラブルが少なくなる。

などです。

添い寝は愛情をたっぷりと注げるとも言いますが、ベビーベッドで寝かせてあげたら愛情が少なくなるわけではありません。
自分の生活に合わせた場所や環境で赤ちゃんもママもリラックスして過ごせることが一番大切であると思います。

まとめ

今回は添い寝について、そして寝かしつけについてまとめてみました。

できれば新生児の時期は赤ちゃん1人で寝かせてあげる方がいいようですね。
また、添い寝で寝かしつけを開始するのであればママさんのペースでゆっくりと、焦らず練習していくのがいいみたいですね。

生まれてすぐに添い寝をする場合でも、ベビーベッドで寝かせてあげる場合でも、それぞれのメリットと自分の生活に合わせた方法を選ぶのが一番ですね。