子育て

産後のはじめての母乳育児 ! この張りと痛みはいつまで続くの?

産後の母乳育児って色々なトラブルがつきものですよね。
母乳が出ない、胸が痛い、乳腺炎になった!

こんな事を聞いていると、母乳育児について不安に思っているプレママも
たくさんいらっしゃるかと思います。

今回は、いつまで胸が張るの?乳腺炎ってどんなの?

など母乳育児についての疑問を調べました。
ぜひ参考にしてください。

産後の母乳育児の張りって大丈夫なの?いつまで張ってるの?

母乳は、産後に赤ちゃんが乳首を吸う事でママの脳内からでる
「プロラクチン」と「オキシトシン」という
2つのホルモンが関係しています。

でも、母乳育児が安定するまでは人それぞれ違います。
胸が張って痛いのに出ないのはなぜなのでしょうか!?

おっぱいの張りは、母乳が十分に作られている証拠です。
調べてみると、産まれてすぐの赤ちゃんは吸う力も弱く
飲む量も少ないですよね。

乳管が十分に開いてないこともあり、胸が張ることがあるみたいですね。
気になるのが張るのっていつまで?ですよね。

だんだんと、必要な分だけおっぱいが作られるみたいなので
しばらくの我慢ですね。

産後の母乳育児の痛みはいつまで続くのか?乳腺炎って何?

乳腺炎って聞いたことあるでしょうか!?
乳腺炎になると、乳房が赤く腫れたり、痛み
またひどくなると発熱をともなう事もあります。

原因としては、乳首の傷口からばい菌が入って炎症した。

また、授乳回数が少ないなどで、母乳が詰まり炎症を起こした。
乳腺炎の治療は、基本的に助産師の行うマッサージです。

産後の母乳育児で困った経験のある方も少なくありません。
ひどくなる前に相談するようにしましょうね。
いつまで、このトラブルや痛みはつづくのでしょうか・・・
自分で出来る予防をして快適な授乳生活を送りたいですよね。
予防として出来る事は、授乳方法を見直す、
授乳の回数をふやす、栄養バランスに注意するなどです。

産後の母乳育児で痩せるってホント?痩せる期間はいつまで?

産後の母乳育児で痩せたって聞いたことありませんか?
実際に私も母乳育児をしていると、結構早い段階で

妊娠前の元の体重まで痩せました。

調べてみると、授乳期において、ママの身体は
1日に600~700kcalほど消費するといわれています。

気をつけないといけない事は、授乳中ってすごくお腹が空きます。
だからと言って、間食や甘いものを増やしたりしていると一緒。

ただ、母乳育児をしている間は、栄養がしっかり必要なので
ダイエットを気にするだけでなく、食事内容に気をつけましょうね。

母乳を上げることで痩せるのはいつまで?って気になりますよね。

キーワードは離乳食!です。

離乳食がスタートすると授乳回数が減ります、
そこを境にして体重は減りにくくなるでしょうね。

まとめ

乳腺炎になるととっても痛いです。
ひどくなると発熱をともなう事もあります。

ひどくなる前に相談するようにしましょうね。

私の知り合いにも、甘いものを食べるとすぐに詰まるので
食事にとても気を使っているママがいました。

母乳育児には、大なり小なりトラブルがあるママが多いと思います。

食事に気を使ったり、授乳方法を見直したり、
出来る予防をしましょうね。