子育て

子供の靴はどんなサイズを買えばいい?ヨーロッパのサイズ表は違うの?

成長過程であります子供は、知らぬ間に成長して服などのサイズが合わなくなります。こどもの靴のサイズはどれくらいで変わるのでしょうか。

サイズが小さいままだと、足に負担を掛けてしまいますので、靴のサイズも非常に重要になります。

海外では、中古の靴、中古よりひどいお古を子供が履いている光景をテレビなどのドキュメンタロー番組で拝見したことはありますが、やはり、サイズにあったものを選ぶべきですよね。

汚れたりしたら洗うことで綺麗にできますし、洗う事で汚れたからという事で買い換えるものでもないです。

目安としては、あまりにも傷んだり汚れが目立つようになる、サイズが合わないなどの状況になりましたら、買い換えるべきでしょう。

そこで、日本とヨーロッパの子供靴について、ヨーロッパの靴や日本のサイズ表などを元に靴の事について学んでいきましょう。

子供靴を洗う頻度は?少しでも清潔に保ちたい!

子供は外で遊んだりする事がとても好きな子供が多く、子供靴を真っ黒にするまで遊びます。当然、汚れた靴のままでは衛生的にも見た目も悪いです。

かといって、買い換えるわけには経済的にも貧しい国で靴がまともに履けない子供の光景を番組で見ていると、単純な理由で買い換えたいご法度だと思います。

そこで、どれくらいの頻度で子供の靴を洗うのがベストなのか。それは汚れ具合にもよりけりだと思います。汚れが微弱であれば洗う必要性はないと思います。

洗いすぎると、靴の素材を傷めたり、色落ちなどの原因になる可能性も考えられるのが特徴です。

インターネットでアンケートなどを見てみると週に1回と、2か月に1回が非常に多い数字になっています。

本当に清潔にしたいのであれば週1回がベストですが、靴が乾くのかも問題になりますし、週1回洗える時間があるのかも問題になりますので、汚れてきたと思ったら、洗うことにした方がいいでしょう。

早めに洗うことで、頑固な汚れ付着までには行かずに綺麗に靴を保つことが可能です。

小さくなった子供靴の中古を寄付する方法!

子供の成長は親からは想像もつかないほどのスピードで進みます。ついつの間にかすくすく成長して、サイズなども合わなくなります。

いつも靴の表とにらめっこしています。表を見て、靴のサイズが決まる訳で次はありませんが、どのサイズがあうのかを見てみます。

そこで、使わなくなった古い靴はどうしたらいいのでしょうか。中古として売ったり、フリマなどで販売するには汚れまくっているので処分に困ったりしているのではないでしょうか。

日本では、中古などに出したり、貧しい国の子供のための寄付として中古の靴を集めたりしていますが、ヨーロッパではどのように子供の合わなくなったサイズの靴を処理しているのでしょうか。

最近ではインターネットなどで寄付用の靴などが募集されているケースもあります。

そちらから、中古、古い靴を出したらいかがでしょうか。

子供靴のサイズ、ヨーロッパはどう表記してる?

子供の靴以外にも、靴のサイズは一般的にセンチメートル表記で日本では表示されています。ところでヨーロッパなどのサイズの表記は何になるのでしょうか。

実際にヨーロッパではどのようなサイズ表記になっているのかを見てみたいと思います。

アメリカなどの欧州のサイズ表記は一般的に“インチ”が利用されています。一方でヨーロッパはというと、ヨーロッパもかなり広い範囲になりますが“センチ”での表記となり、日本と同様のサイズ表記になります。

ただ、サイズはセンチでも大きさは、にほんのサイズと同様かと言われれば違いますので、通販サイトなどで子供靴を探しているようでしたら注意が必要になります。

まとめ

子供はよく外で遊び靴を汚す機会が多いです。汚い靴だと見た目も悪いですし、衛生的にもよくありません。汚い靴で玄関に上がられたりしたら最悪ですよね。

汚れたら、その都度買い換えるわけにも経済的に悪くどうしたらいいでしょうか。どれくらいの頻度で洗うのがベストなのか見てみると、汚れてきたと感じたら洗うくらいの頻度で大丈夫かと思います。

また、子供の成長にサイズも変わります。まだ綺麗な靴の場合は、海外で貧困により履けない子供たちの為に寄付をしてもいいのではないでしょうか。寄付の仕方がわからない場合はインターネットなどで検索をかければ、NPO法人などがヒットします。

欧州ではインチ表記ですが、ヨーロッパなどの諸国ではセンチ表記でサイズが作られている場合もありますが、通販サイトで海外製の製品を購入する際は、注意をしてから購入するようにしましょう。